【ヘリノックス】タクティカルチェアLをレビュー。チェアワンとのサイズの違いも。

ヘリノックスチェアワンL

コンパクトかつ軽量なチェアで人気のヘリノックス。有名すぎるので説明不要のキャンプチェアの代表選手。

気が付くと、その代表選手に大きいサイズがラインナップされているのでした。

少しばかり身長がある僕はチェアワンを使っていたのですが、ややというか結構からだがはみ出しながら座っている状態だったので速攻で飛びつきました。

 

ヘリノックス タクティカルチェアL

ヘリノックスチェアワンL

一見してこれがキャンプに使うチェアだとわかる人はいないと思う。

キャンプチェアといえば大体が緑色をしていて妙にかさばるタイプがまず頭に思い浮かぶもの。あの、ひじ掛けがついてそこにドリンクホルダーがついちゃったりしている感じの。

大きくて重いんですよねえ…。座り心地はいいんですが。

 

このタクティカルチェアLは、名前にLこそ付けているもののすっごくコンパクトでキャンプはもちろんピクニックやちょっとした散歩にも連れていきたくなるチェアです。

今日は梅雨の晴れ間で、ここぞとばかりにMYヘリノックスを連れて近所の公園へ。

ちなみにこの収納状態でのサイズは42cm×14cm×11cm(幅・奥行き・高さ)。重さは1.2kgなので持ち運びも苦にならないレベル。

 

組み立て方

タクティカルチェア内容

収納ケースから中身を取り出したところがこちら。

上からシートカバー、フレーム、収納ケース。シートカバーには組み立て方の説明がプリントされているのが安心設計ですね。組み立ては慣れてしまえば楽にできますがシーズンごとにしかキャンプいかないよって人で取説が無くてもこれさえ見れば大丈夫。

この写真はシートカバーの背面ですが、右側にワッペンをはりつけることができるベルクロ付き。
人気のチェアなんでキャンプ場ではだいたい見かけます。友達同士でも同じものを使う場合なんかにはワッペンで目印にもできるし、好みのワッペンをつける楽しみもできたりしそう。

両サイドのカーゴポケット(片側にヘリノックスのロゴがあるところ)には携帯電話や小物等を収納可能でこのポケットはタクティカルシリーズの特徴。スマホをさっといれておくのに重宝します。

シートサイドポケット

 

 

タクティカルチェアフレーム

実際の組み立てのようすがこちら。各フレームにはショックコードと呼ばれるゴムのコードが内臓されているので半自動的に接続されるべきフレームにハマっていくので組み立ては楽々です。

フレームはアルミ合金でできており、テントなどのフレームでは有名なDAC社の製造によるもの。
そしてこのフレームが接続されるときの「シャキン」的な音と感触は毎度少しばかりの快感を覚えます。
この感触、感覚は触ったことがある人はわかるのでは?

 

フレームの先端にはヘリノックスのロゴが!今日初めて気が付きました笑
芸が細かい。。でもこういうの嬉しくなってしまう。

フレーム完成

各部の接続が完了するとこの形に。フレームの太さはだいたい2cm程でややノーマルのチェアワンと比べて太いような感じです。組み立ててみるとたしかにチェアワンより大きい!
やはりこれだけ見ただけではチェアとは判断できないようなビジュアルでどことなくロボット感が出ていて好きです。○○っぽくないとか、スイーツなのに甘すぎないとかって一種の誉め言葉ですよね。

 

フレームにケース装着可能

先ほどの収納ケースがフレームに接続ができて、チャック付きのケースなのでそのままポケットとしても使用できてしまうというもの。よく考えられてますね!

フレームにケース接続

ケースにはモールシステムあり

収納ケースにはこのように一定のインターバルがおかれたベルトループがあります。
ミリタリー系のリュックなどにみられるもので「モールシステム」といいます。このベルトにポーチなどを接続させて拡張性をもたせるためのものです。これについてはここではデザイン的な要素がほとんどだと思います。
見た目的には満足です!

 

シートカバーの四隅にはフレームを接続できるようになっているのでそれぞれポールを差し込んでいきます。向きも間違えようが無いので組み立てはほんとに簡単。

ここまで実際に組み立てにかかっている時間は5分もかかっていません。

 

 

チェアワンL

そして完成!シートの両サイドにはスリットが入っているので夏場も涼しく座れます。
ただ寒い時はここから冷たい風が入るのでブランケットを敷いたほうがいいですね。

 

フレーム

フレームの連結部分の強度は抜群。

 

ヘリノックス正面

使用時のサイズはチェアワンLが58cm×72cm×55cm(幅・奥行き・高さ)

チェアワンが 53cm×67cm×52cm(幅・奥行き・高さ)

今回のLの方が幅が5cm、奥行きが5cm、高さが3cm大きくなっています。
価格の差もほとんどないので好みで選ぶのがよさそうです。