今更聞けない恵方巻の「えほう」って何!? 調べた結果が「まあ、そうだろうな」と僕の中で話題に。

 

 

 

恵方巻き、食べましたか? 2月3日から遅れること10日。
今更ながら「恵方巻」について気になることができたので記事にしていきたいと思います。

キャンプをはじめとしたアウトドア系のブログなんだけどなぁ。
ということで今更聞けない「えほう」についていってみましょう!

 

 


 

「えほう」って何?

調べた結果→ 「まあ、そうだろうな」

 


 

 

恵方巻サイダー

恵方巻    節分に食べる縁起物の巻き寿司    —-wikipedia

ウィキペディアってほんと便利。

 

 

「恵方巻サイダー」

ニッコニコの笑顔でこれを僕にくれた娘。

あ…。なんかやっぱり娘からすると僕はこういうの好きなんだろうなってイメージになってるんだね…。

 

あまり季節のイベントに興味のない僕ですが、ふとこの「えほう」について調べることに。
もし娘に聞かれても答えられるしね…。

 

恵方

歳徳神の在する方位を恵方(えほう)という ——wikipedia

歳徳神… すか…。

なんとなく恵方の文字からして縁起の良い方角ってことは察しがついていましたが、「としとくじん」という神さまがいる方位だそうです。

そしてこの「としとくじん」はその年の福徳を司る神さまで、頗梨采女(はりさいじょ、はりさいにょ)であるという説も。ここからまた広げていくと本来のネタから脱線するのでこの辺りで。

でも、頗梨采女…すか…。なんかここで自分の名前である采女に遭遇するとは。。

 

その方角に向かって事を行えば、万事に吉とされる

「えほう」とは「としとくじん」のいる方角で。その方角に向かって事を行えば吉とされている、というのが答えでした。

軽くしか調べませんでしたが、

「なんとなくそういう感じっていう察しはついてたよね。」

 

恵方巻サイダーは「まさかの寿司酢味」というワードにビビってましたが、少し酸味のあるサイダーでした…笑

 

 

今度名前について調べてみようかな。家系図追ってみようかな。

 

ではでは。