【開封レビュー】GoPro HERO7 Blackが届いたから早速開封してみた。

キャンプのお供にGoPro HERO7 Blackを購入したので開封レビューです。

自身初のGoProだったの思い切ってBlackにしました。手ぶれ補正がスゴイらしいですね。

では早速いってみましょう!

 

GoPro HERO7 Black

 

GoPro本体がクリアケースに入っており、見せるパッケージングに。

 

内容物はこちら。必要最低限しか入っていないのでオプションパーツは必須ですね。このへんは購入前から分かっていたので、使いながら揃えていこうと思います。実際使わないと何が必要かわからないかなと。

そして本体。

 

本体の取り外し方は外箱に記載があったのでそれを見ながら取り外し。海外の取説ってイラストのみの多い気がします。IKEAの家具とかまさにそうだもんね。

 

これがGoProか…。かっこいいわ。手に取ってみると剛性感のあるボディです。アクションカメラっていうだけあって頑丈そう。

本体のみだと可愛らしいフォルムですね。キャンプに持って行った時には無くさないようにしないとな。かなりコンパクト。

サイドにナンバリングされています。Blackの文字に優越感。

タッチパネルには亀の保護フィルムが貼られていました。遊び心があっていいですね。

 

 

ではバッテリーを入れていきます。

各部のクリアランスもしっかり合っています。最近キャンプギアばかり見ていたので製品のクオリティがまるで違って驚きです。

 

電源入ったw    そして 命名「Gotaro7」

 

電源、入りました!この時点でもう興奮wこんなにコンパクトなのに液晶がすごくきれい。

使用言語を選択します。タッチパネル式なので指でスクロールしていきます。

僕は手が小さい方なので問題なく操作出来ましたが、手の大きい人はどうしてるんだろ?という液晶のサイズ感。

 

正面の液晶には状態表示がされています。

お、アプリのインストールを促されました。

 

 

 

アプリをダウンロードするとそのままアプリ画面に案内を表示してくれるのでそのまま進めます。カメラ名は8文字以上で設定をします。

よろしくね、Gotaro7。

アプリと連携させることでスマホでの遠隔操作が可能に。これめっちゃ楽しいわw控えめにいっても、すんげえ楽しいw

片手にスマホ、片手にGoProを持って家の中を徘徊してみましたがとにかく楽しい。

 

 

カメラ性能はいかに?

僕がGoProを買った理由はキャンプでの写真撮影をたくさんしたかった事と、1眼レフがかさばるのでGoProで荷物のコンパクト化の2つ。

GoProは広角で写真が撮れるのがウリの1つでもあるので撮影してみました。

 

DCIM100GOPROGOPR0025.JPG

GoProで撮影してみました。結構綺麗に撮れるのでは?

DCIM100GOPROGOPR0027.JPG

DCIM100GOPROGOPR0026.JPG

通常と広角での撮り比べ。広角はやはりすごいですね。まるで違います。

そのまま面白いので、やはりスマホとGoProを動かしてあそんでみました。

自撮り棒的なものが欲しかったのでGoPro純正の3Wayも購入。それにしてもGoProって童心に返って楽しめます。

 

SDカード間違えたんだが。

なんと今回SDカードを間違えてしまいました…。結構いい値段だったんだけどなぁ。
普通のSDカードを買うという痛恨のミスw

今度は噂の手ぶれ補正動画を撮っていきたいと思います!それではまた次の記事で。

MEMO
今回の写真は自作スタジオで撮影しています。自作スタジオについての記事はこちら。

自宅にある材料で簡単にスタジオを作成する方法