【なんか違う】メスティンで蒸し料理をする方法。小籠包蒸したんだが…。

ここ数日はメスティンと共に生き、そして同じ時を共に過ごしています。

いやね、そんなしょっちゅうキャンプ行けないじゃないですか?その辺にいる普通の社会人キャンパーの僕はいいとこ月1回行ければいい方なんですわ。時間的にもお金的にもね。

だからね家でメスティンを愛でるわけなんです。

やるならしっかりやろうというのが僕の考えなのでメスティンをもっと使いこなしちゃおうと思い、蒸し料理を作ってみました。

今回は【メスティンで蒸し料理を作る方法】がテーマです。この記事では万能クッカーのメスティンで蒸し料理をする方法を知ることができます。

 

まあ、蒸し料理っていっても小籠包を蒸しただけなんですけどね。

 

メスティンで蒸し料理をする方法。

 

 

View this post on Instagram

 

NEUさん(@complete_oyasiraz)がシェアした投稿

メスティンで蒸し料理をするためには、メスティン本体はもちろん熱源が必要になります。

そこでメスティンと相性が良いのがシングルバーナーです。

 

そしてメスティンでの蒸し料理に欠かせないのが網です。

 

網で底上げして、その上に食材を乗せて加熱していくことで蒸す事ができます。

では実際に蒸し料理をする様子を確認していきましょう。

 

 

小籠包蒸すけど質問ある?

まったくこの記事とは関係ないんですが、

「◯◯したけど質問ある?」みたいな煽り調のスレッドが好きな僕。ついつい「質問ある?」のフレーズを使いがちです。

ブラックフライデーである11月4週目の金曜日である今日は、ブラックフライデーにかけて「ブラック小籠包」を用意してきました。

黒トリュフ入りだけど質問ある?

 

手順1:適量の水をいれていく。

「適量」の表記って分かりにくいですよね。適量ってどのくらい入れたらいいのかよくわかんない。

さて、最初の手順としてはメスティンに網を敷いたら「適量」の水を入れていきます。

※今回は100cc程。

 

手順2:食材を入れていく。種類によってはクッキングシートを使う。

食材によってクッキングシートを使います。野菜や、肉まんやあんまんみたいなものであれば網にダイレクトでいいのですが、今回は肉汁たっぷりの小籠包です、クッキングシートを使っていきましょう。

 

こんな感じにクッキングシートを敷きます。

 

ブラック小籠包をクッキングシートの上に並べていきます。

通常白色をしている小籠包も黒いとインパクトがすごいですよね。

 

 

手順3:加熱する。

あとは火をつけて加熱していくだけです。加熱するとメスティン本体や、シングルバーナーの脚などが高温になり火傷の危険があります。十分に注意してください。

さて、蒸し料理の手順は以上です。

 

簡単にまとめます。

 

  • 手順1
    水をいれる
    適量いれる
  • 手順2
    食材をいれる
    適量入れる
  • 手順3
    加熱する
    気合い入れる

 

 

蒸したら完成!

メスティン本体は熱伝導が良いアルミで作られているのであっという間に蒸しあがります。

背景を黒くすると湯気って撮りやすいんですね!うまく写すことができました。

 

 

なんか違う。これって小籠包だよね…。

あれ?なんか子どもの頃によくみた「黒いゴミ袋」がチラつくぞ?あれ?なんでだ?

これ見た目完全にゴミb

 

あれ?

これって箸で割ると肉汁じゅわーなやつじゃなかった?

 

 

5分でいいところ10分くらい蒸してしまったので肉汁が出ていってしまったようです…。次は気をつけよう…。これじゃあただのプチ肉まんじゃん。

 

 

 

ちゃんとした記事も書いてます。

メスティンで大根餃子を作ったときの記事です。

一応ちゃんとした蒸し料理もしています。

これは1から作っているのでサラッと読んでみてくださいね。

 

 

メスティンって超便利。

メスティンがあれば様々な料理をつくることができます。

家にある電子レンジや炊飯器の代わりになってしまうメスティンはキャンプをやる人や登山などアウトドアをやる人には特におすすめです。

この間アウトドアショップを覗きにいったところ、ノーマルサイズのメスティンは売り切れになっていました。やっぱり人気なんだなー。

 

メスティンを手に入れていろんな料理にチャレンジしてみてくださいね!僕も何でも作れるように練習しまーす。