【薪ストーブ】キャンプにおススメ DODのはじめてのまきちゃん。

どうもUNEです。

冬のキャンプ用に購入した薪ストーブの「はじめてのまきちゃん」

暖房にはもちろん、調理にも使える万能アイテムです。

今回、夏のキャンプに持ち込んで来たのでその時のことをご紹介。

はじめてのまきちゃん

はじめてのまきちゃんはDODから発売している薪ストーブです。
DODは「カマボコテント」が大人気のアウトドアブランド。
面白い名前の商品が多いですが、中身はアイディア満載の実力のあるアイテムが多いですね。

オールインワンの薪ストーブのスターターキット的存在。

僕が思う、はじめてのまきちゃんの最大のポイントは「オールインワン」というところ。
他のメーカーから発売されている薪ストーブは基本的に本体と煙突は別売りの場合がほとんど。
はじめてのまきちゃんは、必要な物が揃っているスターターキットだから安心です。


とくに専用のキャリーバックが付属しているのは嬉しいポイントです。サイズもピッタリ。
別売りの場合や、設定がない場合はそれに合ったものを探すのも一苦労ですからね。
ガラス窓があるのと天板の上でBBQができたり、ダッチオーブンなどを上に乗せることも可能です。


本体に煙突などの付属品が収納できるので非常にコンパクトになります。


煙突は分割されていて必要な本数だけ組立てられます。
使うと分かりますが、煙突の先端から火の粉や灰が舞います。なので、タープやテントの近くに設置するときは煙突を長く、そうでは無いときは煙突を短くしています。

短くするメリットは、本体が安定する事です。最大数の8本を接続した場合は2.6m程の煙突長になるので風が吹くと結構ぐらつきます…

活躍の、まきちゃん。

さて、今回もキャンプに「はじめてのまきちゃん」を持ち込みました。

はじめてのまきちゃんも既に何回かのキャンプを共に過ごしているので「そこそこ経験したまきちゃん」と呼んでもよさそうな程に使用感という味がでてきました。

そうなんです、のぞき窓があるところも「はじめてのまきちゃん」のポイントなんです。
ここから見える炎の揺らめきがいい感じ。

天板は3分割になっています。焚きつけのときは天板を外しておいた方が着火がスムーズにいきますよ。
燃焼室の奥行きがあるのでしっかりとした火はさみが必要です。

天板を全開にしたところ。
この状態で薪をくべて、焚火台としても使えます。

焚火台として使うと、火の粉があまり飛ばなくて安心です。
ただここまで薪を入れると飛んできます(笑)

ダッチオーブン×まきちゃん

今回は、まきちゃんとダッチオーブンで調理をしました。
初めての試みだったので正直ちゃんと出来るか不安でした。。

ローストチキンにチャレンジ!
ダッチオーブンにジャガイモ、ニンジン、タマネギを入れます。
そしてチキンを乗せたら、オリーブオイルと岩塩を振りかけます。

そしてまきちゃんにダッチオーブンを乗せます。

ダッチオーブンは下火は弱く、上火を強くするので天板は閉じた状態にしています。
ここでダッチオーブンの上に炭をのせていきます。

まきちゃん内部で育てた炭火をダッチオーブンの上に移動させていきます。

上火を強くするためにバーナーで火力をあげます。

この時の気温は20度くらい。半袖だったので、まきちゃんのやさしい暖かさを感じられました。

火が落ち着いたらそのまま40分くらい放置します。

すごいよ、まきちゃん!ローストチキン大成功!

さて、あっという間に40分経過。
キャンプって時間経つの早いんですよね。その間に他の料理もしていたのですが。

ダッチオーブンもかなり熱くなっているので蓋はリフターで開けます。
リフターは、まきちゃんに付属の天板を開けるためのリフターを使います。

まきちゃん!ローストチキン大成功だよ!!
ばっちり焦げ目もついていい感じです。

いやいや、まきちゃんすごい。
ローストチキンを食べたあとは、まきちゃんを囲んでまったりタイム。
まきちゃんの暖かさが心地よく、のんびりな贅沢時間を味わいました。

カレーも作れる、まきちゃん!

そしてまきちゃんの実力を目の当たりにして、翌日はキャンプ飯の代名詞「カレー」を作ることに。
ただ普通のカレーでは、ブログ的にも気分的にも物足りないので「無水カレー」に挑戦。


まきちゃんに油を入れて熱します。

そこに、ニンニクをいれて油に香りつけ。
あくまで香りを移すだけなので手早く焦がさないようにするのがポイント。

タマネギを投入。
無水カレーは煮込む時間が長いので細かく切ったタマネギは溶けてしまいます。
形を残すために大きめに切ったタマネギも入れます。

タマネギをサッと炒めたら鳥肉を投入。今回はモモ肉です。
鳥肉も表面を軽く炒めるだけでOK。後から煮込むので火を通しすぎないようにします。

無水カレーの大事な水分は、トマトが主役です。
4つ切り程度にしたトマト(大4個)を投入。

ここである程度トマトを潰しながら炒めます。
トマトは皮を剥かずに入れていますが、最終的に溶けてしまうのでそのままで大丈夫。

キャンプ場へ向かう途中の道の駅で買ったズッキーニと、ナスを入れます。

お昼のパスタで余っていたピーマンとミニトマトもこっそり投入。

蓋をしたら弱火でコトコト煮込みます。火力はそこまで必要では無いので、蓋に炭も置きません。
さらに、まきちゃんのドアも閉めておきます。
蓋を閉めておくと弱火のまま、開けると火力が上がります。

すごいよ、まきちゃん!無水カレー大成功!

まきちゃん、すごいよ…。
水を一滴も使っていないのに…。

驚きを隠せないままカレールウを溶かして完成です。
驚きのあまりカレールウを溶かす前の写真を撮り忘れました。

道の駅で手に入れたリーサルウェポン【青唐辛子】を刻んでいます。
これをカレーに混ぜて食べると文字通り震えますよ♪

ご飯は、メスティンで炊きました。
メスティンでの炊飯は、こちらの記事をご参照ください。

メスティン 【メスティン】炊飯するのは簡単だけど火加減が大事という話。

はじめてのまきちゃん。

はじめてのまきちゃん。当初は冬のみ使う想定でいましたが、火の粉が飛びにくい焚火台として、調理器として、真冬のキャンプではもちろん、1年を通して大活躍です。
使ったあとの掃除も簡単にできます♪

まきちゃんが出来ること、

  1. 薪ストーブとしての暖房
  2. ダッチオーブンなどでの調理
  3. 天板を外してBBQ
  4. 人を笑顔にすること

まきちゃんと行くキャンプはとても楽しいです。

収納もコンパクトになるので、荷物のたくさん積めない僕のクルマでも積載OKなのでコンパクトカーの人にもおススメです。

DODの商品は基本的にオープンプライスなので、はじめてのまきちゃんは秋から価格が上がり始めます。
なのでシーズンが始まる前に一度価格のチェックをしておく事をおススメします。