【キャンプ】薪ストーブについてみんなが知りたいこと。

 

 

 

キャンプを始めたころに知り合いから教えてもらった薪ストーブの存在。

まだまだキャンプ道具も揃っていないのに、何も考えずに薪ストーブを買った自分がいました。
そして実際に薪ストーブを手に入れると、使うのがとても楽しくて年間を通したキャンプに持ち込んでいます。
そして今では特にお気に入りのキャンプアイテムに!

そこで今回は気温も下がり始め、薪ストーブが気持ちいいシーズンに入ってきたのでこれから購入を考えている方の参考になるように記事にしていきたいと思います。
この記事では主にグーグル検索で調べられているキーワードにそって、つまりみんなが知りたいことについてお話ししていきます。

 

薪ストーブ

薪を燃料とした暖房機器。

 

View this post on Instagram

 

テンマクデザインさん(@tentmark2011)がシェアした投稿

主に箱型をしたストーブの本体内部で薪を燃焼させることで、その際に発生する熱を暖房として利用します。
現在ではさまざまなメーカーより魅力的な薪ストーブがリリースされていますので後ほどご紹介したいと思います。

 

 

 

薪ストーブの使い方

では早速グーグルの検索で薪ストーブについてよく調べられることについて解説していきたいと思います。

まずは検索上位の薪ストーブの使い方について。

暖房としての薪ストーブ。

 

View this post on Instagram

 

テンマクデザインさん(@tentmark2011)がシェアした投稿

当たり前のようですが、暖房としての使い方がメインです。
使用方法は薪ストーブ内に薪を数本投入し燃焼させます。その際薪ストーブ本体が熱され暖房として機能します。

そこでどれくらいの暖房能力なのかと言う点が気になるところだと思います。

僕が初めてキャンプで薪ストーブを使ったのは真冬の山梨でした。その時の気温は氷点下で凍えるように寒かったのをよく覚えています。さらに風も吹いていたので薪ストーブの熱量はごく近距離にいかないと感じられませんでした。なので真冬のオープンの状態では暖房としての活躍は難しいかと。それだけ寒かったら灯油ストーブでも無理なんですけどね…。

一方で春先のキャンプでは外気温10度前後の千葉にて使用したのですが、薪ストーブの周囲にチェアを並べ暖かい飲み物を片手に団欒を過ごしましたがとても暖かく感じられました。ほとんど風がなかったことも影響していると思いますが薪ストーブにちかい足元はかなり暖かく、時折熱いと感じるほどでした。

MEMO
風を遮ることができれば暖房効果抜群。

 

焚火台としても。

そして天板があるタイプの薪ストーブでは、天板を外して焚火台としても使えます。この場合、薪ストーブ本体から放つ熱と炎の直接的な熱により通常の使い方よりもかなり暖かく感じられると思います。

しかし薪ストーブを暖房として使う際にメリットとなる「火の粉が飛ばない」ということが失われ、普通の焚火台と同じように火の粉が飛んでくるので注意が必要です。

焚火台を別に持って行かなくてもいいので1台で2役をこなしてくれます。

 

MEMO
焚火台としても使えるが火の粉には注意

 

調理器として。

薪ストーブは調理器としても使えます。特にダッチオーブンとの相性は抜群でじっくり熱を加えていくようなロースト系の調理や、冬場に嬉しい鍋物にはもってこいです。焼き芋とかも作れちゃいますね。

ストーブ本体で薪を燃やしつつ同時に炭を起こすことができるのでダッチオーブンの上火を作ることが可能です。さらに天板が外れるタイプの薪ストーブは網をのせてBBQなどの焼き物も調理可能となっています。

 

MEMO
調理は得意なパート。色々できます。

 

薪ストーブの煙突について。

続いては煙突について。これは僕も実際に購入するときに調べた項目です。薪ストーブに煙突は必要不可欠です。

焚火台とは煙突があるというところが大きく違う部分です。薪ストーブからモクモク煙を出すことも醍醐味の1つです。

本体とセットになっていない場合があるので注意

僕が使っている薪ストーブは煙突を含めた部品が一式セットになって販売されていますが、煙突は別売りになっていることもあるので注意が必要です。

セット販売のメリットは初心者でも迷うことなく必要なものが最初から揃うというところ。初薪ストーブの僕はセットの方が安心という部分で決めました。

別売りのメリットとしては、必要なだけの煙突の本数を買えばいいというところ。そして別売りとなっているタイプの煙突はホームセンターなどで同じ規格のものを取扱っている場合があり、忘れて行ってしまった場合や破損などで追加したい場合に入手しやすいといったことがあげられます。

MEMO
煙突までセットになっているものがおススメ。キャリーケース付きなら尚更おすすめ。

 

どれくらいの長さが必要か

次に煙突について気になるのは、どれくらいの長さが必要なのかということ。

極端なはなし、煙突がなくても薪は燃えますが煙をうまく排気するためにはある程度の長さが必要です。その長さは薪ストーブ本体の大きさなどにより異なるので一概には言えませんが、あまり短いとうまく煙が煙突方向に流れていかずに薪の投入口などから煙が逆流するのできをつけましょう。

必要な長さは薪ストーブのメーカーが推奨しているはずなのでそれぞれ確認が必要ですが2mもあれば火の粉が降ってきたりする心配はないと思います。

MEMO
長すぎてもダメ、短すぎてもダメ、適正な長さを確保。

 

縦出し、横出し

煙突をストーブ本体から縦に出す場合と横から出す場合とがあります。本体のどこに煙突の接続口がついているかで決まる部分はありますが「エルボー」と呼ばれるL型の接続パイプがあり、それを使うことによって煙突の角度を変えることが可能です。

テントへのインストールを考えている場合にはこの縦出し、横出しは重要になってくるので自分のテントが縦出しがいいのか横出しがいいのかは事前に考えてきましょう。

 

MEMO
テントへのインストールは一酸化炭素中毒の危険が伴います。十分に注意しましょう。

 

消費する薪の量。

そのほかで検索量が多いのが薪の量です

薪ストーブを使用する場合どれくらいの薪が必要なのか気になる方が多いようです。
薪の消費量は、使う薪や同時に燃やす量、さらには火力の調整にもよるので答えに悩むポイントだと思います。

針葉樹薪は火付がいいのが特徴ですが、火の持ちは長くありません。一方で広葉樹薪は火付がよくない代わりに火の持ちが長く持続します。

針葉樹薪のスギなどだけを使用した場合は、一般的な販売されている1束の薪の量で勢いよく燃やしているとあっという間に薪がなくなってしまいますが、太めの広葉樹であれば長く燃えてくれるので、焚きつけ用には針葉樹を使いその後の燃焼には広葉樹を使えば薪の消費が抑えられると思います。

薪ストーブには、空気の吸入量を調整する調整窓が付いているタイプもあるので燃焼の具合をそこで調整することで薪の消費も抑えることが可能です。

この扉に付いている星型の穴が空気の調整窓。閉めると空気の吸入量が少なくなり弱火に、開けることで吸気量が大きくなるので強火に。

薪の投入口を写真のようにオープンにさせ、うちわで風を送ったり扇風機などで風をおくるとびっくりするぐらいの火力がでます。

 

おすすめの薪ストーブ

結局のところおすすめの薪ストーブを検索する人が多いようです。
たしかに「おすすめ」と言われれば安心感がありますよね。

以下は代表的な薪ストーブです。

Gストーブ

Gストーブはノルウェー発の薪ストーブでステンレスボディーが特徴的。さらに本体には薪などを置くことができるアームもついています。

ホンマ製作所 時計型薪ストーブ

ホンマ製作所の薪ストーブはコスパ抜群。煙突のバリエーションも多いのでカスタマイズの拡張性があります。

DOD メラテレビ

僕が使っているDODの新商品のメラストーブは、本体に耐熱ガラスを大きく配置しており暖房としての機能に加え「テレビのように炎を観賞できる」のが特徴的。

笑’s フォールディング薪ストーブ

笑‘sのフォールディング薪ストーブも炎を観賞することができるのが特徴です。

ペトロマックス ロキ

ランタンで有名なペトロマックスも薪ストーブを出しています。他のモデルと比べて本体の脚が長いのが特徴です。コットンテントなどにインストールする場合は脚が長い方がフロアへの影響が少なくて済みますね。

 

まとめ

薪ストーブはちょっと敷居が高いアイテムと思われがちですが、使ってみると意外にもとてもフレンドリーなアイテムです。

暖を取れるのはもちろん、調理にも使えて実用性もバッチリ。そしてなにより「雰囲気抜群」です。

薪ストーブをレンタルしているキャンプ場もあるので1度は使ってもらいたいキャンプ道具です。

今度のキャンプでは薪ストーブの写真をたっぷり撮ってくる予定なので使用の様子などはその記事にてアップしていきます。

ではでは。